○学生のようなロリっ子とのすすきのデリヘル体験

札幌に出張した時、ムラムラしてすすきのでデリヘルを頼みました。本当はすすきののソープに遊びに行きたかったのですが、お目当ての子がおらず、すすきののデリヘルにしました。
自分はどちらかと言うとロリ好きなので、サイトで探して丁度良さげなデリヘル嬢を指名しました。
ホテルで待っていると、デリヘル嬢がやってきました。
身長は150センチ前後、胸も小ぶりで何よりも顔が川栄李奈のようなドストライクのロリっ子デリヘル嬢が現れました。
話好きで明るい彼女。少し世間話をし、早速お風呂。
一緒に裸になると、股間に毛がありません。
もう興奮度マックス、すぐにお風呂をあがり、プレーに入ります。
普段はあまり攻め好きではありませんがこの日は、一生懸命攻めたくなりました。
小さな乳首、お腹、そのままあそこを舐めまわします。
彼女も感じているのか切なげな声で鳴いてくれます。
ここで攻守交代。彼女がお口でしてくれます。
小さなお口で私の愚息を舐めまわし、咥えてくれます。
なかなに上手い!
疲れていた事もありすぐに暴発してしまいました。
もう少し楽しみたかったと思った矢先、なんと彼女が私の出したものを笑顔で飲み干し、にっこり笑ってくれました。
これで私はさらに興奮。もう一回して、非常に満足なデリヘルナイトになりました。

すすきののデリヘルで剛毛熟女の剛毛マ○コを堪能しました

熟女好きなら外せない熟女のメッカすすきの。私は熟女デリヘル好きなので、よくすすきののデリヘルを使います。最近呼んだデリヘル嬢で、ちょっと凄いのがいました。

彼女は色白、スレンダーで小奇麗な40代前半の人妻デリヘル嬢でした。私たちはまずはディープキスをして、興奮を高めました。その後、シャワーを浴びるために私は彼女に服を脱がせました。彼女はパンツまでは脱いだのですが、なかなか恥ずかしがってパンツを脱ごうとしませんでした。私が早く脱ぐように急かすと、「私、毛深くて恥ずかしい。」と言いました。私は興奮して、彼女のパンツを思いっきりずり下ろしました。

すると、私の前に黒々とした毛深いマ○コが現れました。毛の処理をしていない、ボーホーとしたマ○コでした。私は彼女のマ○コをじっくりと眺めました。色白で小奇麗な外見と真っ黒で陰毛ボーボーなマ○コのギャップが興奮しました。

私は我慢できなくなり、そのまま彼女の剛毛のマ○コに貪りつきました。普通のマ○コと違い、毛が邪魔してなかなかクリやマンコまでたどり着きません。舌で毛をかき分けて、やっとマ○コまでたどり着き、私はペロペロと舐めました。彼女は彼女は「あんあん」と喘ぎました。

次にクリを舐めようとしましたが、陰毛に阻まれて舌だけではたどり着けませんでした。仕方なく、手を使ってクリを探し出し、クリを舌だ突いたり、しゃぶったり、吸い付いたりとクリを責めました。クリが性感帯らしく、彼女は私の顔を押さえつけて喘いでいました。今度は私が仁王立ちになって彼女がしゃがんで、フェラチオしてくれました。私は彼女の濃厚なフェラチオと、さっきの剛毛マ○コで興奮し過ぎて、耐え切れずに彼女の口に射精してしまいました。

日常では体験できないことを楽しめるすすきのデリヘル

デリヘルの一番の醍醐味といえば、普段できない、彼女にはお願いしにくいような特別なプレイを体験できることです。たとえばオフィスで上司として、無理やり事務員にいたずらしたり、お客さんとして誘惑されてみたり、はたまた家庭教師のお姉さんに犯されたり。ちょっと彼女には頼みにくいシチュエーションをデリヘルでは体験することができます。

この前も事前にコスプレ用の衣装を購入してデリヘルでスクールプレーを楽しみました。女の子に体操服を着てもらったのです。イメージは学校の更衣室で、マネージャーとキャプテン。

マネージャーに悩みを打ち明けて相談にのってもらっているうちに気持ちが盛り上がり、恥ずかしがるマネージャーの本物の胸を除いて揉みまくるのです。いやいやとしながらも、息遣いが荒くなる彼女、その手はキャプテンである私の股間に伸び、いつの間にかジャージをずり下してイヤラしく舐めまわすので、もう私の息子は元気いっぱいになりました。

もう我慢できずにデリヘル嬢をロッカーに押し倒してキス、キス、キス。嫌がるどころかすっかり盛り上がり、激しくも鋭いテクニックで、じらされながらも思い切って発射してしまいました。体操服の上に出してしまった私は、何とも言えない満足感。それだからデリヘルはやめられません。

デリヘルは女性にも優しい性的なすすきの遊びです、

男のすすきの夜遊びといえばやはり風俗関係でしょう。 今では其の代表的なものがファッションヘルスと言われるデリヘル(デリバリーヘルス)でしょう。  そして、 デリヘルは女性にも優しい性的な遊びと言えるでしょう。

デリヘルの特徴は、外で(他の施設で)男と女が仲良くして、まるで恋人のような感じで男の欲求する性的サービスをしてくれる所です。 こんな関係がデルヘルは今や風俗業としては大変にモテていると云われ、大受けしているのが現状のようです。

私も仕事の帰りに懐具合が良い時は一杯飲んだ後で、デリヘルに行きます。 すすきのの駅の近くには盛り場や風俗街が並んでいて、其処でお世話になっています。
さて、デリヘルで受けられるサービスというのはどのようなものかというと、ソープなどと比べるとってもソフトなサービスとも云われます。

従って、男性客にとってはとっても人気があるとされている風俗であり、お相手する女性のほうも仕事がしやすく、若い女性のアルバイトなども大勢おりまして大モテといわれます。

サービス面では所謂、直接的な性行為は無いけれど、それなりに男の性の処理をしてくれます。 此のようにデリヘルというのはソフトサ-ビスでもあり、女性にも優しい風俗の仕事とも言えるでしょう。

すすきののデリヘルで遊ぶ時は、中年男は人妻風俗のデリヘリに限る、

札幌のすすきのといえば今はソープ街として有名ですが、勿論、ヘルス系のデリヘルも盛んです。 其のすすきのの盛り場で一杯ひっかけた後、次はそれだけの目的のデリヘルへおもむいた。 その店の名前は「人妻熟女系専門デリヘル」。派手なな看板がシツラエてある玄関ちうか入口を覗いた。

一人のイケメン男性が現れて写真を指さして、「お好みの御指名はいらっしゃいますか」というので、「中年の愛らしい女性ならどなたでもOKだよ」、というと、暫くして、女が自然の笑顔で迎えててくれた。 現れてくれた女性は、やはりというかやや御年配の秋赤に人妻風の落ち着いた雰囲気のデリヘル嬢でした。

先ずはしていされた場所へ、お手つないでデリヘル嬢近くのラブホテルへ入り、懐も寂しくなった残り僅かなお代を済ませる。 部屋へ入るなり、二人で軽く挨拶代わりのキスをまじわし、仲良くデリヘル嬢とベッドいんします。
先ずは、女性の意外と思うほどの艶のある体を存分に味わいます。 やはり、経験豊かな女性を選んだのは正解であったようだ。

そのデリヘル嬢の乳首を噛んだり、そして舐めてやると彼女も感度十分に腰をひねりながら反応してきます。
久しぶりに女の柔い肌に接し、こちらも嫌みのない自然な形で応じます。

北海道札幌すすきのでデリヘルを呼ぶ

仕事柄、出張が多いのでたくさんデリヘルを呼んだ経験がありますが一度すごく貴重な体験をしました。
北海道のすすきのにある昔ながらの有名なホテル「アパホテル」でデリヘルを呼びました。
札幌に詳しい方はびっくりするかもしれませんが、すすきのという場所はとても都会でデリヘル店が少ない場所ではありません。
さらに、あのアパホテルに!?と思うかもしれません。大きなホテルで宿泊客も数百人はいるのでは?という大きなホテルです。

ホテルにチェックインしてスマホでデリヘルを検索しました。
すると待ち時間なしの店舗がみつかりました。
若い子のお店だったので好みを言って来てくれないかダメもとで電話してみたところ、なんとか交渉して来てくれることになりました。

お客さんの好みにあうかわかならいのであってみないと、どーなるかわかりませんとのこと。
しばらく待ってみると来ました!女の子が!
いや、30過ぎくらいのおばさんが。。
とりあえずやることはやりましたがイマイチでした。。
その後また行く機会があったので再チャレンジしましたが、なんと同じ女の方でした。。
どうも話を聞くと三名しかいないそうです。
もう二度と呼ぶことはないでしょう。。

すすきののデリヘルで遊びました。最高に満足しました。

すすきのへ出張した折に、ネットで見たデリヘルへ電話して遊びたいと伝えて料金を聞き今すぐ呼べるデリヘル嬢がいることを確認して、待ち合わせ場所と時間を決めました。

私は、すすきののラブホテルの近くで待っていることにしました。
時間になるとデリヘル嬢が待ち合わせ場所へ来てくれました。
ラブホテルは近くなので歩いて行きました。

デリヘル嬢は、25歳くらいで結構美人でした。
ミニスカートをはいていました。

雑談ですすきのにはソープが少ないからお客さんが多いと言っていました。
二人でシャワーを浴びました。
デリヘル嬢は、私の身体を洗ってくれました。
デリヘル嬢の身体は、白くてはりがありました。
私は先にベッドへ行って横になっていました。
デリヘル嬢もすぐ来てプレイ開始です。

なかなか上手でした。
経験豊富なようです。
東京でもデリヘル嬢をしたことがあると言っていました。
デリヘル嬢のペースでプレイは進んでいきました。
ディープキスからおっぱい、そしてシックスナインと慣れたものです。
快感がどんどん押し寄せて来ます。

素またもうまいものです。
全身なめもしてくれました。
もう出そうです。
それを察知したデリヘル嬢は、まだ早いと言って大事な部分を締め上げました。
フェラと手こきで少しずつ私を興奮させていきます。
限界に来ました。
デリヘル嬢の口の中へ発射しました。
すすきののデリヘルはとても満足でした。

札幌のすすきの回春マッサージデリヘルでめっちゃ興奮した。

自分はソープ、ヘルスは両方使うんですが、デリヘルは初体験だった。
久々に仕事が休みだったので暇つぶし、ストレス解消に女の子と遊びたくなってネットで「すすきの 性感マッサージ デリヘル」と検索。デリヘル情報スポットネットがでてきました。やっぱりかわいい子(写真ね。)が多いですね。
小一時間写真、グラビア動画をチェックすると「すすきのデリヘル回春マッサージ ◯◯◯」の「Aちゃん」が綺麗やなーと思い電話しました。その日の出勤が3時間後ということだったのでゆっくり支度すればちょうどいいかなと思い申し込んでみた。自宅は狭く汚いのですすきののラブホで予約を取りました。

自宅でシャワーを浴びながら「写真通りの綺麗な子」だったらいいなぁ~なんて妄想・・・
いざタクシーに乗ってすすきのへ。すでにホテルのロビーにいた子は写真通りの綺麗なAちゃん!

心の中でガッツポーズ!「こんばんわ。」って声が意外とハスキーボイスだった(笑)

プレイ内容は主にマッサージなんですがAちゃんはオイルマッサージが得意だというので睾丸マッサ、
チクビ舐めなどいろいろやってくれました。手つきが非常に柔らかく体の凝りもほぐれた感じがして良かったです。何よりもAちゃんの顔が綺麗で見つめられながら凝りに凝ったアソコをゴシゴシしてくれている時が一番興奮した。

60分コース時間一杯我慢しようと思ったのですが30分位の時にイっちゃいました。それぐらい興奮した。
言葉遣い、態度も丁寧で、落ち着いた雰囲気のAちゃん。
またリピートしたいです。

北海道の札幌市のすすきののソープで

僕は一時、福岡におり、そののち東京に転職してた経験からその町なりの風俗を体験したいという思いはあったのですが不思議なことに福岡の時も、東京の時も彼女ができた事からソープランドに興味は持っていましたがなんだかんだで行けなかったのです。そんなときでした。仕事がうまくいかなくなり、会社を辞め地元の北海道に帰ってくることになりました。

実家は道北にあるかなり小さい町でしたが、その故郷の隣町にある町の支援センターに通うことになったのですがいろいろあって札幌に行くことになりました。札幌に行ってまだ日が浅かったころは、お金はあってもよくわからなかったのでまだ、その頃は風俗店に行くことはありませんでした。

しかし、ある日、どうしても一発やりたいという衝動に駆られました。でもどこに行っていいかわからなかったので案内所に行って情報収集をしようと思って、案内所スポットに行きました。

そうしてどういう風俗店で遊びたいのかと聞かれたの芽間髪入れず『ソープランド』と答えて店側に臨むことはと聞かれたので「それなりに女性としていい人がいる店がいい」といったらその店に連絡し、10~15分くらいでその店の看板もちみたいなことをやってそうな人が来ました。
初ソープで相手は源氏名で「らん」と言っていました。中出しもさせてくれたしうれしかったです。

それ以降その店に足しげく通っております。

すすきののソープ嬢はGカップの妖精

ソープ初体験の自分は、自宅から地下鉄に乗って20分のすすきのへ赴いた。

あらかじめネットで調べていたそのソープ店は、地下鉄すすきの駅から徒歩10分ほど。

予約もせずにとりあえずお店に行ってみた。雨が降っていたので店員さんに傘を預けた。店員さんはとても丁寧に対応してくれた。受付に向かうと、待機中の女の子は一人だけ。それでも40分ほどは待つとのこと。その子でお願いして、一度店を出て、近くのレコード店などをぶらぶらしながら時間をつぶす。

ようやく予定の時間になったので、再びソープ店に戻る。やがて女の子のいる部屋へと進むと、会場へ向かうエレベーターの中にその子が待っていた。挨拶をして手をつなぎ、部屋へ。その子は容姿は十人並みといったところ。

身長は155cmくらい。胸は巨大だった。軽く話をしながら二人で服を脱ぎ、奥の浴槽へ。

天気が悪かったので風呂が気持ちいい。ちなみに季節は9月。湯船に浸かったり、体を洗ってくれたりしている間、とにかくおっぱいが気になる。形もすばらしい、肌もきれい、乳輪もエロい。早く吸いたい。もみしだきたい。いやいや、少し我慢したほうが、いよいよ堪能する時の喜びもひとしおというものだ。

ちんぽを握って洗われたところで、勃起。「いいねえ、勃ってきたねえ」と彼女も喜ぶ。

風呂から上がり、ベッドへ。腕枕をして二人横たわる。彼女はちんぽをやさしくもてあそぶ。冷たい手が気持ちいい。こちらも彼女のパイを揉む。乳首を吸う。うまい。うますぎる(味が)。

フェラも気持ちいい。いかん、すぐに射精しそうになってしまった。そなわけで挿入。あら、ちょっとゆるい。まあそんなものだろう。色々な体位を試してみたかったが、最初に正常位で挿入したまま射精。

よかった、気持ちよかった。やはり、巨乳の持つ射精喚起力は凄まじいものがあるようだった。